長野パルセイロ公式キャラクタ−監修関係のコメント(2)

2015年7月5日
「キャラクターが持つ力」「形にする力」
キャラクターには癒し、友達、代弁者、ヒーローといろんな役割がある。
そんなキャラの持つ特性を並べていくと、、。
1 存在認識力 第三者によりクリアーに認識させる力
2 理解伝達力 より解りやすくスピード感を促進する力
3感情力 感情的繋がりを強くする力
4イメージ力 魅力のあるイメージを共有させ増幅してゆく力
5 拡散力 人に伝えたくなる力
6 個性力 差別化された価値を感じ共感力を持てる力
7 人格力 人間と同じ魂があるかのように実在性を感じさせる力
はたして今回監修したパルセイロキャラが
どれ程これらの要素を満足すことが
出来ているのかは分からない。
しかしただ一つ言えることは、
去年からパルセイロのサポーターの熱心な生の応援を見て
「その想いや熱気をキャラクターに体現させたい」
その時々の気分(嬉しさ悔しさ悲しさ)や気概(勇気 闘志 志し)を
キャラに還元するということが最優先だと感じていた。
いろんなハウツウは必要だし、理屈がないと
説得力もでない。
ただ、それだけでは足りないと思っていた。
芭蕉の言葉で「不易流行」という好きな言葉がある。
未来に進んでいくための革新と
未来を見据えていくための普遍
両方ないと人々を魅きつける句は出来ないらしい。
そこに「魂の体現」が加わればより理想の形に
近づけるのではないか。
プロだからいろいろ考えるのは当たり前ではある、
でも最終的には故郷のコトになると別なのだと思う。
こちらにも離れているからこその「28年分の還元させたい
想い」があるから。

7月4日
なんかフラッシュアイディアなんですが
「サッカーカレー」でイベントやると面白いかな〜と
思って検索したらレシピがでてきました!
「サッカーをやってカレーを食べよう!!」
という誰もがゴキゲンになれそうな企画。
でもカレーの後にサッカーはダメよ!
グリコさんの協賛を取れないかな〜。
http://www.ezaki-glico.net/decocurry/yell02.html

広告

コメントは受け付けていません。