長野パルセイロ公式キャラクタ−監修関係のコメント(3)

ユーザー(サポーター)をもっと大胆に巻き込み一緒に状況、
商品、熱気を作って行けないか。
アニメは上映後、作品として残るがサッカーはより
あの時のあの試合が引き出せ楽しめるアーカイブが必要です。
試合後のユーザーへのケアを出来る限り。
さまざまな声の中からたとえば作品と呼べるぐらいの
ユニークな応援方法が飛び出してくると面白いかも。
公式マスコットが試合後感想をWebで熱く語っても良い訳で。
ユーザーの声を救い易いシステムって何だろうと思ったとき
それはあんがい「いつも耳を傾けてるよ」という態度かもしれない。
7月4日

広告

コメントは受け付けていません。